スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメニティー換気システムⅡ 導入決定!

【お家のこともいよいよほぼほぼ決定しそう~】

先週末の打ち合わせで、どうしても聞かなきゃ!な質問はできた感じ。
そして、お返事もある程度のレベルではもらえました。

設備面での採用・不採用についても、ようやく心が決まってきました。

そこで、コストアップになるけれどやっぱり採用したい!と思ったのが、

アメニティー換気システムⅡ


アメニティー換気システムⅡ

一応、もう少し確認したいと思って質問したのが次の内容…
●導入する場合、モーターはACモーター仕様かDCモーター仕様か確認したい。
 また、テクニカルカタログに出ているランニングコスト(1500円)はどちらか?

 消費電力と音問題で優位性がある方を選択したい…

⇒積水推奨はDCモーター。Panaの「FY-12VB1KSH」という機種で
 DCモーターはこれのみ。うちの場合、これが2台入る。

 強36dB弱33dB。(低騒音にしたいなら29.5dBという機種もあるらしいが
 推奨ではないし広さにも上記の機種のほうが合っている)
 

●アメニティー換気システムを導入した場合、
 「アメニティー換気扇・換気グリル」は

 どこに設置することになる?

⇒前回、ある程度は場所のイメージはしたが、 
 →“アメニティー換気換気扇”は1階2階それぞれに吹き抜け部分に1箇所設置。
 →“換気グリル”は各部屋設置。
 
 正確なものは次回図面上に入れる方向とする。



他にも、寒がり一家  なので
断熱グレードを上げたい
!など
あれもしたいこれもしたいな部分はあるけれど、

*サッシ框を基本締め切りにして、それなりの気密
 (というほどではないかもだけど)を確保。
*熱交換システムとなるのでQ値がマイナス0.2になるであろうという部分で
 熱損失が少なくなる=保温性能に期待できる。
*冬)非暖房室(洗面など)→2℃UP期待できる。
*夏)全館連続冷房時   →ランニングコストは40%DN(部分冷房時→25%DN
*高機能フィルターで花粉症はもちろん、除菌・ウイルス活動を抑制できる

などなど、
  熱交換してくれることで部屋の熱損失が抑えられ、
  冷暖房効率の向上も期待でき、
  高性能フィルターで花粉や粉塵を取り除いてくれる          

  
太陽光も導入する我が家、今は各部屋に空気清浄機も置いてある現状を考えると
総合的に判断し、1番ぴったりな設備だと判断し、採用となりました。

次回見積もりが出てくるので総合的に判断することになるかと思いますが、
これはありきで考えることになりそう~

大きな部分だし、心が決まってちょっとホッとしました。

よろしければ
ポチしてください!

にほんブログ村

にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ariarinandemo

Author:ariarinandemo
積水ハウスのダインコンクリート
「IS ORDER」で
お家を建てました。
お家づくりへのこだわりや、
今だから書けるポイント等に
ついて、沢山撮りためた
現場写真と共に、リアルな
レポで細かく綴っていきます。

以前携わっていた
「商品開発・マーケティング」の
経験とセンス?を活かし、
ステキなお家を目指しました。

大好きなインテリアについても
ご紹介しつつ、内覧会まで
頑張りたいと思います。。。

外構はまだ現在進行中(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
検索フォーム
勉強になる参加トラコミュはこちら!
トラコミュ
家づくりを楽しもう!
トラコミュ
新築一戸建て
トラコミュ
積水ハウス*WEB内覧・外覧会
トラコミュ
居心地の良いお家づくり
トラコミュ
住まいと暮らし
トラコミュ
住まい、住宅、家、住居、家屋
トラコミュ
家づくり
トラコミュ
エクステリアデザイン
トラコミュ
ステキに暮らす♪
トラコミュ
インテリアを楽しむ♪
トラコミュ
インテリア雑貨・家具・アンティーク
トラコミュ
インテリアデザイン
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

リンク
フリーエリア
読者登録はこちらです!


提供:PINGOO!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。